セラミック

PEEK冠 完全解説 実際につけてみた・外すことになったエピソード付き

みなさんこんにちは

歯科医師の大原です。(@yutaohara023

今日は新しい保険材料PEEK冠のお話。

【PEEK冠とは】

ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)を使用したクラウンのことです。
PEEKは1978年にイギリスで量産化に成功した高強度プラスチックで、航空機や自動車の部品に使われるような素材です。

2023年12月からPEEK材料を利用したCAD/CAM冠が新たに保険材料として使えるようになりました。
従来のCAD/CAM冠は、第2大臼歯に使えなかったり、第1大臼歯であっても第2大臼歯が全て残っていないといけなかったりと条件がありましたが、PEEK冠は無条件で使うことができます。

【PEEK冠のメリット・デメリット】

メリット

  • 金属と同じくらい薄くてもOKなので歯を削る量が少ない
  • 金属アレルギーの患者に使える
  • メタルフリー
  • 従来のCAD/CAMより割れにくい

デメリット

  • 透明感がなく白すぎて見た目が悪い
  • 長期の臨床成績がない

【実際につけてみて…】

見た目の目立ちが銀歯よりすごく、患者さんから外してほしいと言われてしまいました…😭

外す時の感覚は、ペットボトルのキャップを削って取ってる感じです。


(除去の模様をYOUTUBEで公開中)

ものすごく柔軟性があり強靭で、割れにくいのも納得です。

ただ、やはりたわむ材料ということは、長期的な接着は難しいのではないかと考えています。
ということで今日は新しい保険の材料PEEK冠について解説しました。

予防がいちばん!これに変わりはないです!

フッ素を正しく使って、定期的に歯科医院でチェックを受けましょう。
ではまた!

診療予約はこちら







PAGE TOP