Uncategorized

歯ブラシで歯はどれくらい削れるのか?答えは○○μm

皆さんこんにちは

歯科医師の大原(@yutaohara023)です!

先日テニスの試合に出てきました!埼玉県のグリーンテニスプラザまで行ってきました

朝テニスの成果が出たのか無事に勝利!

テニスを初めて9年目になりますが、フォアハンドも久々にコツを掴みそうです!

継続は力なり。いくつになってもテニスも歯科治療もしっかりと練習を継続してもっと成長していきたいです!

本題

さて、今日はDMで「歯ブラシって長くやると歯を傷つけますか?」という質問をいただきました

テレビなどで歯ブラシをやりすぎると歯が削れるというのは聞いたことがあるのではないでしょうか?

僕自身もどれくらい削れるかまでは調べたことがなかったので論文を検索してみたところ面白いデータがあったので紹介します

結論

1年間でおよそ4μmくらい削れる

ん?それってどれくらい!?という質問がきそうですが、歯の表面のエナメル質がおよそ1-1.5mm、象牙質が3-5mm程度あります

エナメル質を削り切るまでにおよそ300年はかかりそうです。笑

ちなみに歯をスプライトに90秒浸した後にブラッシングをすると7μm近く削れるという論文があります

唾液によって保護されているのでこれは口の中では起きないですが、2年分も削れるというのは恐ろしい結果です

ただ、この実験で重要なのは歯ブラシで削れたということよりも、酸蝕症がそれほど歯にダメージを与えているということです

つまり、歯ブラシによって削れるのが危ないというよりは、歯が溶ける飲食物や虫歯などの方が遥かに歯を失わせるということです

木を見て森を見ずにならないように気をつけましょう!

歯磨き粉

現代の歯磨き粉は低研磨の物がほとんどです

1450ppmのフッ素が入っているものは各メーカー気合を入れて作っている商品ですから問題なく使用できるかと思います

以前伝えた通り、ゆすぎ1回で使ってください

電動歯ブラシ

質問者さんから電動歯ブラシはどうですか?という質問があったのですが、電動歯ブラシの方が側方へのストローク力がかからないので削れる量は少ないと考えられます。

今回は論文を見つけられなかったのでまた見つけた際には紹介します。

今回のまとめ

メディアで取り上げられた一部分の情報に左右されず、正しい情報を自分で学んでいきましょう!

これからもしっかりとしたエビデンスに基づいた情報を発信して、みなさんの健康に役立てたらと思います

ではまた!

PAGE TOP